Home

物置に眠るコインがお宝になるかも知れない古銭買取

ずっと押し入れや物置の奥にしまい込んでいた記念切手やコイン、古銭や古紙幣が、もしかしたら凄い価値のあるものかもしれません。古銭買取に持ち込んでみたら、お宝だと思っていたものが低評価だったり、どうでもよさそうなものに高評価がついて、予想していたより桁がひとつかふたつ違っていたというような逸話は枚挙に事欠きません。古銭や古紙幣の中には、数百万円で取引されているようなものもあるので、素人判断で価値を決めたりせず、手持ちがあれば一度は古銭買取店に持ち込んで査定してもらうと良いでしょう。特に古銭は大当たりする可能性が高い傾向にあります。例えば括袴丁銀と呼ばれる徳川時代の古銭には、四五百万円の高額で取引されている銀貨ですが、特殊な形状だったり、わかりやすい彫刻が施されているわけでもないので、素人目には古銭であることさえ気がつかないこともあったりします。また付属している入れものや証書等があれば、さらに高値がつくこともあります。

↑ PAGE TOP